サイパンとグアムを比較!違いはココ!自分がどちらに行くと楽しめるか丸わかり!

グアムの画像

白砂ビーチの美しさに定評があり、日本からも多くの観光客が訪れるのが「グアム」ですよね。

 

1年を通して海水浴が楽しめることもあり、日本が冬の時期は寒さを避ける目的でグアムへ旅行する人は少なくありません。

 

そんなグアムですが、同じく常夏の楽園として知られるサイパンは、似ていると考える人は多いものです。

そこでこの記事では、グアムとサイパンはどこが違うのかや、どちらが旅行にオススメなのかについて紹介していきます。

 

 

1.グアムとサイパンの大きな違い3選

グアムの画像

常夏の島として知られるグアムとサイパンですが、どのような点に違いが見られるのか気になりますよね?

 

島の面積や人口など、細かいところを見れば違いは多くありますので、ここでは観光客に大きく影響を与える違いについて見ていきます。

 

① 日本からのアクセスの良さが違う

飛行機の画像

日本は島国で陸続きではないため、海外旅行へ行こうとなれば必ず飛行機に乗らなければいけません。

 

グアムとサイパンの大きな違いのひとつが、アクセスの良さです。

 

日本からサイパンまで直行してくれる飛行機は、成田空港を離発着する「デルタ航空」のみ。

 

チャーター便が運行されるケースもありますが、サイパンへ行くには地方の空港であれば一旦成田空港まで移動して、そこから乗り換えをしなければいけません。

 

成田空港が家から近ければ問題ないですが、乗り換えとなれば手間と時間が余計にかかるので面倒ですよね。

 

一方のグアムは、直行便が多くの国際線で運行しているため、不便さを感じるようなことはありません。

 

日本からグアム、サイパンへの行きやすさが大きく違うのです。

 

② ショッピングの充実度が大きく違う

ショッピングしている画像

グアムもサイパンも、オンザビーチのホテルがあって、目の前が海という環境を経験できる点に違いはありません。

 

中心部の街並みも、あまり違いは見られませんが「ショッピング」ができる場所に関しては、明確な違いがみられます。

 

グアムはショッピングモールや免税店、ブランド品を多く取り扱うお店などが充実しており、買い物が旅行の目的になっている人も少なくありません。

 

一方のサイパンは、免税店やショッピングセンターなどがあってお土産を買う分には困ることはないでしょう。

 

しかしグアムのように買い物を楽しむ場所は充実していませんから、買い物が目的の旅行には中々ならないものです

 

③ 島の雰囲気が全く違う

島の画像

グアムもサイパンも南の島という点では共通していますが、島の雰囲気に大きな違いが見られます。

 

サイパンは島の自然が多く残されており、南国に共通する「ゆったりとした時の流れ」を感じることができます。

 

チャモロの人々と触れ合ったりする機会がより多いのは、圧倒的にサイパンのほう。

 

サイパンの穴場ビーチに行けば、ほぼ貸し切りのプライベートビーチのように人がおらず、ゆったりとした時間を過ごせます。

 

グアムはどちらかというと、シティビーチのような雰囲気をしており、どこにいっても人で埋め尽くされているのです。

 

タモン湾を中心に高層ホテルが立ち並び、商業施設が充実しているのでとても華やか。

 

こうした「規模や雰囲気の違い」は、グアムとサイパンを特徴付ける大きな違いと見ることができます。

 

2.サイパンに比べてグアムの良いポイントはどこ?

ビーチの画像

南の島という点では共通しているサイパンとグアムですが、どちらにも良いポイントが存在します。

 

サイパンに比べて、グアムの良いポイントは以下の通りです。

  • ホテルの数が多く、5つ星高級ホテルからリーズナブルな宿まで揃っている。
  • レストランの数が多いので、食事をホテルのレストラン以外で楽しめる。
  • ショッピングセンターを結ぶシャトルバスが運行している。
  • 子供に大人気のプールがあり、施設も充実している。
  • 日本からの飛行機の便が充実している。
  • ダイビングショップが多いので、自分に合うショップを選びやすい。
  • 日本人対応の病院施設が多いので、万が一のときに安心できる。

 

グアムは天気が良い日はビーチでリゾート気分を味わえ、天候が悪い日は屋内施設で時間を過ごせるなど、天候を気にせずに楽しめるのがポイントです。

 

ショッピングができる場所が、グアムのほうが充実しており、さらにハワイとは違い無税で買えるのもうれしい点ですね。

 

3.グアムに比べてサイパンの良いポイント

空と海の画像

サイパンはグアムに比べて、どのような点に魅力があるのでしょうか?

 

サイパンの最大の利点は、観光客の少なさが挙げられます。

 

日本人観光客が多いですが、海外旅行のピークシーズンを迎えたとしても、そこまで混雑を感じることはありません。

 

ゆったりと南の島を楽しめるので、あまりガヤガヤしたところは苦手だという人にうってつけでしょう。

 

ショッピングをする場所は限られるので、買い物が目的ではなく、とにかく常夏の島のビーチでのんびりしたい人はサイパンほど理想の場所はありません。

 

また、以下のような点もグアムよりもサイパンが良いポイントとして挙げられます。

  • グアムに比べてリーズナブルに行ける。
  • ダイビングはビーチエントリーが主流なので、グアムよりも安い。
  • 海がとても綺麗な「テニアン」は、中心部から10分ほどでたどり着く。
  • 良い意味で田舎の雰囲気を楽しめる。
  • ショッピングをあまりしないので、お財布に優しい旅行が楽しめる

 

サイパンとグアムを比較!違いはココ!のまとめ

ビーチの画像

ここでは、グアムとサイパンはどこが違うのかや、どちらが旅行にオススメなのかについて紹介していきました。

 

交通の便や買い物のしやすさ、華やかさなどを比べると、サイパンはグアムにどうしても劣ってしまいます。

 

しかし静かなビーチで、のんびりと過ごしたい人はグアムよりサイパンのほうが分があります。

 

旅行の目的で、どちらがオススメかは変わるので、事前に計画を立てて決定しましょう。

 

グアムで使えて日本でもお得なクレジットカードランキング!

グアム旅行なら欠かせないクレジットカード。 多額の現金を持ち歩くのは危険だし面倒、快適で万一の盗難保証もあるクレジットカードは、最低1枚は必需です。 数あるクレジットカードの中でも、特におすすめな3つをご紹介!
コレは絶対持ってくべし!エポスカード

海外で便利はもちろん、国内でも10,000以上の店舗で割引が受けれる!

年会費無料で海外旅行保険が効き、病気や怪我、盗難や備品を壊しちゃった場合など、あらゆるトラブルに対応してくれます。

万が一の時に安心なのだけでなく、日本国内でも10,000以上のお店で割引が受けれるのがすごく便利です♪

スタバやカラオケ館、ユナイテッドシネマといった映画館など、身近なお店の割引が多くあるので、旅行から帰ってきてもお得に使えます。

三井住友カード

ほぼどこでも使えるVISA、なおかつトラブルでも安心の傷害保険が強い!

クレジットカード大手、三井住友のVISAクラシックAがダントツでおすすめです。

怪我をしてしまった…、盗難にあった…、ホテルの備品をうっかり壊してしまった…。

そんな時の傷害保険の充実度がすごく、家族旅行や新婚旅行など人を選ばず安心して使えます。

レンタカーの優待、お土産宅配といったサービスも充実しており、快適なグアム旅行をするのに1枚は必須です。

楽天カード
楽天カードのバナー画像

VISAと別にJCBが1枚あると便利、楽天ゴールドカードJCBがお得!

楽天カードならゴールドカードJCBタイプがおすすめ。

基本的にはVISA1枚あればクレジットカードで会計できるのですが、中にはJCBのみのお店もあるのでそれ用に。

なおかつ、楽天ゴールドJCBの場合はグアム現地にあるJCBラウンジ、楽天ラウンジの特典が受けれます。

ドリンクサービス、荷物一時預かりサービス、レストランやレンタカーの予約など特典内容はなかなかの充実度。

旅行から帰ってきても普段使いで楽天ポイントが貯まりますしね♪

グアムのお得情報
グアムマニアが教える!グアムのおすすめ観光スポットまとめ
タイトルとURLをコピーしました